PHILOSOPHY

企業理念

私達は個人の幸福追求と社会的利益を同時に達成します。

MESSAGE

メッセージ
いま、私たちはエネルギー革命の真っ只中にいます。

世界では、化石燃料から持続可能なエネルギーへの移行が着実に進んでいます。日本では、東日本大震災の後、ようやく再生可能エネルギーの普及を促進するために、固定価格買い取り制度(FIT)が導入されました。しかしながら、経済産業省の2030年の日本の電源構成の目標は、再生可能エネルギーが22~24%と、その目標さえ達成されるか怪しい状況です。

日本のエネルギー自給率は、わずか8%。残りの92%を輸入に依存している化石燃料は、将来必ず消滅します。そして化石燃料は市場価格が不安定なだけでなく、為替にも大きく左右されます。日本の国の借金がGDPの200%を超えた現実を踏まえると、日本ほどエネルギーの自給が必要な国はないでしょう。ほぼ無限にある持続可能なエネルギーにシフトすることが急務なのです。

私たちは、持続可能な社会を目指しています。GPSSという社名には、再生可能エネルギーのコストが化石燃料よりも安価になる「グリッド・パリティ」を達成することで、持続可能な社会を作る、という思いが込められています。

そして私たちには、もうひとつの使命があります。それは幸福な会社を作ることです。私は世界100か国以上の旅をして、人々が幸せになりやすい社会と、そうでない社会があることに気が付きました。幸福度の高い社会は、個人の自由が最大限に尊重されるべく多様な価値観が認められています。だから私たちは、多様性をとても重視しています。個性が最大限に発揮されることで、よりクリエイティブで、幸せな個人が増えていきます。

個性あふれる社員が持続可能な社会のために努力することで、GPSSでは、個人の幸福追求と社会的な利益を、同時に達成することが可能となってくるのです。

グループ共同代表 目﨑雅昭

BRAND IDENTITY

GPSSブランドについて

太陽光・地熱・風力・中小水力・バイオガス + WTP。GPSSが取り組む持続可能エネルギー事業は、この5つの領域から成り立っています。

当シンボルでは、その5つのエネルギーが集まり、一つの結晶となる様子を表現しています。各辺から力強く中心に向かう要素は、「地域の皆様と一丸となって共通のゴールへ向かう」「共同事業者として地域と同じ船に乗り、持続可能な社会の実現を目指す」という当社の信念を表しています。

グループのシンボルカラーのGPSSグリーンは、エコロジカルで力強く、またユニークで先進的な社のイメージを反映しています。

OUR NAME

名前の由来

GPSSという名称には、持続可能エネルギーによる電力コストが既存の電力のコスト以下になる「グリッド・パリティ(Grid Parity)」を実現することによって、真に持続可能な社会(Sustainable Society)を実現していくという、私たちのビジョンと願いが込められています。

GROUP INFORMATION

グループ情報

GPSSグループは、各事業会社の専門性と持続可能な5つの電源を組み合わせてグループシナジーを発揮した事業展開を実現しています。

BOARD DIRECTORS

取締役紹介

GPSSホールディングス株式会社 代表取締役社長兼CEO

目﨑 雅昭

Masaaki Mezaki

慶應義塾大学商学部卒。ロンドン大学ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)社会人類学修士号。米国メリルリンチ証券でデリバティブ(金融派生商品)トレーダーとして金利スワップを担当。東京、ニューヨーク、ロンドンで勤務。メリルリンチ証券退社後、世界100ヶ国以上へ10年近い歳月をかけた旅に出る。2012年、太陽光発電でグリットパリティーを達成するため、日本メガソーラー整備事業株式会社を設立。日本全国での持続可能エネルギー事業の展開を視野に、2017年4月GPSSホールディングス株式会社に社名を変更。様々なメディアを通じて、自然エネルギー普及の啓蒙活動も行っている。

著書:『幸福途上国ニッポン』(アスペクト社)他。
ラジオ:FM横浜(84.7MHz)「Baile Yokohama」毎週日曜日21:30~
ラジオ日本(1442kHz) 「目﨑雅昭Happy Wedge」毎週金曜日25:30~
rfc ラジオ福島(90.8MHz) 毎週火曜日9:15~
ウェブサイト:http://www.mezaki.info

GPSSホールディングス株式会社 代表取締役

倉田 隆広

Takahiro Kurata

群馬県立前橋高校、東京理科大学、(仏)INSEAD(Advanced Management Programme)及び(英)GreenPowerAcademy(Renewables)卒業。 大学で物理を学んだ後、当時世界最大の投資銀行だった(米)Merrill Lynchに入社、トレーダーとして国債および金利デリバティブ(国債や金利スワップ及びインフレ連動商品とそれらを原資産としたオプション等)を担当。早くしてロシアやアジア通貨等の金融危機を経験、同部署で世界#1の収益を上げる。 ヘッジファンドの立ち上げに会社側を代表して参画、ヘッジファンド運営と運用の経験を積む。時を同じくして、元衆議院議員の糸山英太郎氏に師事、5年に渡り政界や企業経営を学び、新日本学術交流協会の理事にも選出。リーマンショック後、ヘッジファンド運用から古巣の金利オプションに戻り、アジア太平洋地区(米ドル、日本円、豪ドル、欧州ユーロ)の責任者を務める。東京開催となったIMF及びIIF総会に参加。震災後の細川護熙氏等との東北沿岸部での植樹活動がきっかけとなり金融界を離れる事を決意し20年の節目で引退。その後GPSSグループに参画しエネルギー業界へ転向。GDI(株式会社地熱開発)、GPFS株式会社等を創業し同時に地熱や金融事業を立ち上げる。16年より現職。複数のグループ会社で代表兼CEOや(印)LogicLadder Technologies社のAdvisary Board等も務める。積極的にボランティア活動を行い、中でも東北では細川元首相や植物学者の宮脇昭横浜国立大学名誉教授等が行う「鎮守の森プロジェクト」や「森の防潮堤」の活動を6年に渡りサポート、熊本震災では翌日現地入りしチームで西原村に充電設備を寄付、九州では熊本県南阿蘇村で水田維持活動を年2回既に6年に渡って行っている。

GPSSホールディングス株式会社
社外取締役

野宮 博

Hiroshi Nomiya

1974年、三菱商事に入社し鉄鉱石部所属。1981年、欧州経営大学院(INSEAD)でMBA取得後、三菱商事の投資総括、審査部等。1986年より欧州三菱商事にて欧州、アフリカの投資戦略立案スタッフ。1990年、MCFファイナンシャル・サービス(ロンドン)を設立し社長に就任。日欧間での企業買収のアドバイザリー業務、欧州でのマーチャント・バンキング投資、LBOファイナンス等の未染手分野の事業を開拓。1994年、三菱商事本社に帰任しアジアでの投資会社設立。プライベート・エクィティ投資の実行、中国、アジア地域でのアドバイザリー業務を推進。1996年よりリップルウッド・ホールディングス(ニューヨーク)に異動。1999年、リップルウッドの設定する日本ファンドの日本拠点の創業メンバーとして経営に参画。2005年RHJインターナショナル代表取締役に就任。2012年よりグローバル投資銀行、総合商社出身者が集い立ちあげた、独立系のアドバイザリー会社、クロスポイント・アドバイザーズに参画。クロスボーダーM&A助言業務を中心に、事業再生助言、ファンド・プレースメント支援などを手掛けている。

・株式会社クロスポイント・アドバイザーズ 代表取締役
・株式会社ジョイフル本田 社外取締役
・一般社団法人ソーシャル・インベストメント・パートナーズ 創業理事
・一般社団法人ミュージックマスターズコース 理事
・Asian Venture Philanthropy Network (在シンガポール) 社外取締役
・早稲田大学ビジネススクール 非常勤講師 (事業再生担当)

GPSSホールディングス株式会社
社外取締役

門多 丈

Takeshi Kadota

1971年 三菱商事株式会社入社。グローバルな視点からの様々な資金調達・運用業務に携わる。金融事業本部長として、未公開企業の株式を含むあらゆるタイプの金融プロダクツへの投資業務、M&Aなどのアドバイザリー業務を統括。2007年に同社を退職後、株式会社カドタ・アンド・カンパニーを設立、代表取締役に就任。株式会社八十二銀行社外監査役(現任)、株式会社FPG嘱託。東京工業大学院(博士課程)元特任教授、米国カルパース等の有力公的年金で組織するPacific Pension Instituteのアドバイザリー・カウンシル・メンバー。1971年東京大学法学部卒、1981年 スタンフォード大経営大学院卒(MBA)。

・株式会社カドタ・アンド・カンパニー 代表取締役社長
・一般社団法人実践コーポレートガバナンス研究会 代表理事
・株式会社八十二銀行 社外監査役

GPSSホールディングス株式会社
社外取締役

今井 光

Hikari Imai

1974年に山一證券に入社以来、モルガンスタンレー、メリルリンチを含め、約30年にわたり投資銀行業務に従事。多数の大手企業および金融機関に対し金融の助言を行う。2005年にメリルリンチ日本証券の副会長を最後に退職。その後、社外取締役としてエバラ食品、オリンパス、大平洋金属、サイバーダイン、3DOMなとの経営に関与。2008年~2010年、独立系M&A助言会社の社長を務める。2010年より3年間青山学院大学院のEMBA課程でM&Aについて教鞭をとる。1974年慶應義塾大学経済学部を卒業。1980年コロンビア大学院MBA取得。

・大平洋金属株式会社社外取締役
・サイバーダイン株式会社社外取締役
・株式会社3DOM会長

EXTERNAL AUDITOR

社外監査役

GPSSホールディングス株式会社
社外監査役

松本 靖彦

Yasuhiko Matsumoto

1975年株式会社三和銀行入行。30年に亘る銀行業務において、飯田橋支店長を経て合併業務等に従事、2002年株式会社UFJ銀行執行役員 初代秘書室長、2004年常務執行役員を歴任。

2006年株式会社高島屋入社。企画をはじめ管理、営業、CSR、IT、改革推進、海外展開等、幅広い領域に従事、2009年常務取締役、2010年専務取締役(代表取締役)を歴任。2014年東神開発株式会社 代表取締役社長(2018年退任)。
1975年慶應義塾大学経済学部卒業。

ADVISORY BOARD

アドバイザリーボード

GPSSホールディングス株式会社
アドバイザリーボード

宇田川 正美

Masami Udagawa

東京電力にて、都心拠点変電所の運転や保守、154kV~500kVの都心地下式変電所の建設等を経験。安全環境の管理に多くの知見とノウハウを有している。第1種 電気主任技術者。東京電機大学電気科卒業。

GPSSホールディングス株式会社
アドバイザリーボード

宮本 修平

Shuhei Miyamoto

1979年日本オイルエンジニアリング株式会社入社。石油・天然ガス開発に関するエンジニアリングに従事。サウジアラビア勤務を経て、中国渤海湾の海洋油田開発のプロジェクト形成から現地操業体制の支援まで経験。その後、産油国石油省や国営石油会社に対するアドバイザリー業務、日本輸出入銀行・JICA・石油公団・商社等へのコンサルティングを行う。

1998年帝国石油株式会社に異動。取締役社長室長として経営企画全般を統括するとともに、国内天然ガス事業の企画を担当し、幹線パイプライン網の展開やLNG導入計画を主導。2006年、国際石油開発株式会社との経営統合業務を統括し、2011年より国際石油開発帝石株式会社にて常務執行役員・経営企画本部副本部長、2012年よりアメリカ・アフリカ事業本部長として当該地域全事業を統括。2018年、サハリン石油ガス開発株式会社常務取締役に異動。

1979年東京大学工学部卒、1993年 イェール大経営大学院卒(MBA)。

・国際石油開発帝石株式会社 特別参与
・サハリン石油ガス開発株式会社 常務取締役

GPSSホールディングス株式会社
アドバイザリーボード

大森 泰人

Yasuhito Omori

1981年大蔵省入省。予算編成や税務に従事した後、1995年以降20年間は金融行政において、銀行や証券市場に関する金融制度の改革や執行に従事。金融商品取引法や改正貸金業法を立案。東日本大震災後の復興庁兼務を経て、2015年証券取引等監視委員会事務局長を最後に金融庁退官。

退官後は、行政官時代から続けている執筆、講演などの言論活動をしながら、企業のアドバイザーや社外取締役などに従事(㈱第一生命経済研究所顧問、㈱エアトリ取締役、㈱オウケイウェイヴ特別顧問、㈱BITOCEAN監査役、など)。海外と行き来しながら、日本の金融や経済、日本人の生き方を考察。1958年生まれ、1981年東京大学法学部卒業。

主な著書
金融システムを考える(きんざい)
霞が関から眺める証券市場の風景(きんざい)

GPSSホールディングス株式会社
アドバイザリーボード

藤井 健司

Kenji Fujii

1981年、日本長期信用銀行に入行し、池袋支店、営業第二部に勤務の後、1987年、米ペンシルヴェニア大学ウォートンスクール経営学修士課程修了。1991年、長銀インターナショナル(英国)出向。金融リスク管理業務を始める。

1998年、三和銀行に入行し、三和証券リスク管理部長、2004年、UFJホールディングスリスク統括部長兼UFJ銀行総合リスク管理部長。2006年、三菱UFJフィナンシャルグループ設立とともに、リスク統括部副部長兼バーゼ ルⅡ推進室長。2007年、あおぞら銀行に入行し、専務執行役員チーフ・マーケット・リスク・オフィサー。2008年、みずほ証券に入社し、リスク統括部長。2011 年、同執行役員グローバルリスクマ ネジメントヘッド。2014年、同取締役。2017年、同常務取締役、グローバルリスクマネジメントヘッド、リスク管理グループ長、リサーチアンドコンサルティングユニット長。2019年、同常務執行役員、グローバルリスクマネジメントヘッド、リスク管理グループ長、リ サーチアンドコンサルティングユニット長。

2020年、グローバルリスクアンドガバナンス合同会社設立、代表社員。 過去25 年間にわたり、金融リスク管理の実務に従事。現在は、金融機関等のリスク管理体制整備を支援。東京リスクマネジャー懇談会共同代表。

GPSS HOLDINGS PROFILE

GPSSホールディングス会社概要

会社名

GPSSホールディングス株式会社


本社所在地

〒105-0014 東京都港区芝二丁目5番10号芝公園NDビル6階


代表者

代表取締役社長兼CEO 目﨑 雅昭
代表取締役 倉田 隆広


資本金

100百万円